日曜日, 4月 20, 2014
生きる為に費やさなければならない時間=サバイバルコストが非常に大きい。そのような点を考えてみると、日本は意外と貧しい国なのではないかとも思ってしまった。 日本でイノベーションが生まれにくいと思った3つのポイント | freshtrax | btrax スタッフブログ
まさに遊ぶ様に働く事で、楽しい雰囲気の中から新しいアイディアを出す事を促進している 日本でイノベーションが生まれにくいと思った3つのポイント | freshtrax | btrax スタッフブログ
アメリカの人々が経営者に期待するのは、どんなに儲けているかよりもどれだけ人と違う面白い事をやっているか 日本でイノベーションが生まれにくいと思った3つのポイント | freshtrax | btrax スタッフブログ
金曜日, 4月 18, 2014

6. 特商法の表示について

6-1. 特商法表示に基いて、自分の住所や電話番号などを掲載しなければなりませんか?

特定商取引法(特商法)に基づく「販売業者」に該当する場合以外は、掲載する必要はありません。 この「販売業者または役務提供事業者」の定義については、販売または役務の提供を業として営む者を意味します。「業として営む」とは、営利の意思をもって、反復継続して取引を行うことをいいます。販売者が「販売業者」に該当するかどうかは、経済産業省が策定する「インターネットオークションに係る『販売事者』に係るガイドライン」の基準が参考になると考えます。なお、この基準においては、以下の場合には、原則として販売業者に該当すると考えられるとしています。

①過去1ヶ月に 200 点以上又は一時点において100 点以上の商品を新規出品している場合
②落札額の合計が過去1ヶ月に 100 万円以上である場合
③落札額の合計が過去1年間に 1,000 万円以上である場合
「インターネットオークションに係る『販売事者』に係るガイドライン」より引用)

6-2. 特商法表示が義務付けられていない場合、連絡先の開示請求をされても、連絡先を教えなくて大丈夫でしょうか?

はい、開示の義務はありません。

6-3. 「販売業者」に当てはまる場合、連絡先としては、どのような情報を記載しなければなりませんか?

原則的には、住所、氏名、電話番号が必要です。ただし、開示請求があった際に「遅滞なく開示できる場合に限り、その旨を掲載の上、掲載を省略することができる」とされています。そのため、noteではとくに設定をしない場合は、以下のように表示されます。

特商法表記を変更されたいときは、マイページ右上のメニューの「アカウント設定」→「特商法表記に関する設定」から変更してください。

参考:消費生活安心ガイド

6-4. 「販売業者」に当てはまり、かつ、連絡先の掲載を省略した場合で、氏名、住所、電話番号等の開示請求があった場合、どのように対応すればよいですか?

開示請求については、請求者からクリエイターへではなく、当社宛に郵送にてご請求いただきます。その際、請求者は、当社の定める書類にご記入いただく必要があります。そのうえで当社は、請求内容に基づき、当社法務担当と一緒に協議の上、ご対応させていただきます。販売業者ではないと判断できる場合、当社のほうで開示をお断りさせていただくこともあります。また、断りもなく、当社からクリエイターの個人情報を請求者に開示することはありません。

よくある質問 | note
日曜日, 3月 23, 2014 金曜日, 3月 14, 2014
今日見て歩く者 Tumblr支店さんは2歳になりました!

今日見て歩く者 Tumblr支店さんは2歳になりました!

(出典: assets)

日曜日, 3月 2, 2014
脳の研究が進む中で、人間の「感情」の基盤にある過程はかなり「機械的」で、予測も制御も可能なことが知られるようになった。そうすると、コンピュータは感情を持たないにせよ、人間が感情を持つとはどういう意味かということがはっきりしなくなってきた。 人間はインターネットによって「ひとりぼっち」から解放されたのか――シェリー・タークルの改心 | 公文俊平
水曜日, 2月 26, 2014
期間中のレンタル導入店における児童書「販売」売上げは、実験前の同期間比で4.9%減。ただし、非導入店は同8.4%減。レンタルの導入で売上げの減少を抑えられた。実験対象タイトルの「販売」売上げに限ると、導入店は同27.1%増、非導入店は同17.6%減。1店舗の1タイトルあたりのレンタル回数は1.4回、月平均売上げは4732円。レンタル利用者の総数は2171人だった。

【新文化】 - 出版物貸与権管理センター、「児童書レンタル実験」の結果を公表

これは面白い。レンタル実験対象タイトルの「販売」売上は27.1%もアップしてるじゃない。

審査はあるものの、公序良俗違反と法令違反の有無を確認するのみとのこと。

LINE、4月に「LINE Creators Market」をオープン──LINEスタンプの販売を一般クリエイターに開放へ | アプリオ

権利チェックなしってやばくない?

月曜日, 2月 24, 2014
天野友ニ(@amanoyuuzi) Stats - Twilog

何をどうやったらこんな推移になるんだろうw

天野友ニ(@amanoyuuzi) Stats - Twilog

何をどうやったらこんな推移になるんだろうw

金曜日, 2月 21, 2014

ビジネス向け Dropbox の契約書

最終更新日: 2014 年 2 月 20 日

発効日: 2014 年 3 月 24 日

本ビジネス向け Dropbox の契約書(以下「本契約」)は規定どおり、デラウェア法人の Dropbox, Inc.(以下「Dropbox」)と本契約に同意する組織(以下「お客様」)の間で締結されます。本契約は、ビジネス向け Dropbox のクライアント ソフトウェア(以下「本ソフトウェア」)とサービス(以下「本サービス」または「ビジネス向け Dropbox」)へのアクセスと使用を管理します。[同意する] をクリックすることで、本サービスの契約または本サービスの使用契約に署名するものとみなし、本契約に「お客様」として同意するものとします。ユーザーが組織による本サービス使用のために本契約に同意する場合、当該組織の代表として本契約に同意するものとみなします。ユーザーは、本契約に対して当該組織を拘束する権限を持っているものとします。該当しない場合は本サービスに申し込むことはできません。

  1. サービス:
    1. 本サービスの提供: お客様およびお客様の本サービス アカウントを使用しているユーザー(「エンド ユーザー」)は、本契約を遵守する上で本サービスにアクセスし使用することができます。
    2. 機能とデータの取り扱い: Dropbox はお客様のデータを転送、保存、取り扱う上で、最低限でも業界標準の技術および組織のセキュリティ対策を使用しています。こうした対策は、お客様のデータの完全性を保護するために構築されたもので、未認証または不正アクセス、不正使用、データの不正取り扱いなどからお客様のデータを守ります。お客様は、Dropbox がお客様の居住国外においてもお客様のデータを転送、保存、取り扱うことに同意するものとします。Dropbox は、欧州連合(E.U.)と米国間およびスイスと米国間のセーフ ハーバー フレームワークおよびその原則を遵守していることを認定しています。「お客様のデータ」とは保存済みデータおよびアカウント データを意味します。「保存済みデータ」とは、お客様またはエンド ユーザーが Dropbox サービスに提出されたファイルや構造化データを意味します。「アカウント データ」とは、お客様またはエンド ユーザーが本サービスに提出されたアカウントおよび連絡先を意味します。
    3. 本サービスへの変更: Dropbox は、本サービスを適宜更新する場合があります。Dropbox が本サービスを変更する際、その変更内容がお客様の機能性を著しく縮小するものである場合は、Dropbox はお客様のアカウントに登録されているメール アドレスにその旨を通知します。
    4. ソフトウェア: 本サービスには、自動更新される Dropbox ソフトウェアのダウンロードをお客様に許可しています。お客様は本サービスにアクセスする場合に限り、本ソフトウェアを使用することができます。本ソフトウェアに適用されるコンポーネントがオープンソースのライセンスのもとで提供されている場合、Dropbox はそのライセンスをお客様が利用できる状態にし、そのライセンスの条件は本規約の一部規制を明示的に無効にすることができます。
  2. お客様の義務:
    1. 遵守: エンド ユーザーによる本サービスの使用は、お客様が責任を負うものとします。お客様およびエンド ユーザーは、Dropbox の利用目的に関する制限(AUP)を遵守する上で本サービスを使用するものとします。お客様は、Dropbox が本サービスを提供する上で必要な同意および本契約に記述されている事項において管理者が関与する上で必要な同意をエンド ユーザーから得るものとします。該当する場合、お客様は本サービスを使用する上で適用される法律および規制を遵守するものとします。
    2. 本サービスの顧客管理: お客様は、管理コンソールでエンド ユーザーを「管理者」に指定することができます。管理者は、本サービス アカウントでお客様のデータにアクセス、開示、制限または削除する権限を所有しています。また、管理者には本サービス アカウントへのアクセスをモニタ、制限、または停止する権限もあります。お客様の内部管理または本サービスの管理において Dropbox は責任を負いません。お客様は次の責任を負うものとします: (i) パスワードおよび管理者のアカウントの機密性を維持すること、(ii) 管理者アカウントへのアクセスを管理すること、(iii) 管理者が本サービスを使用する上で本契約への遵守性を保証すること。
    3. 無断使用および不正アクセス: お客様はエンド ユーザーによる本サービスの無断使用を防ぎ、いかなる本サービスの無断使用も終了させるものとします。本サービスは 13 歳未満の方のご利用を対象としていません。お客様は 13 歳以下の人物による本サービスの使用を許可しないものとします。本サービスの無断使用や不正アクセスが見られた場合は迅速に Dropbox に通知するものとします。
    4. 用途の制限: お客様は本制限が法律で禁じられている場合を除き、(i) 本サービスの販売、再販、貸付を行わないこと、(ii) 本サービスの使用または故障により、物理的損傷、死亡または人身被害につながる活動に本サービスを使用しないこと、(iii) 本サービスを逆行分析の対象にしたり、当該行為を試みること、当該行為に対して誰かを援助しないこととします。
    5. サードパーティ リクエスト:
      1. サードパーティ リクエスト」とは、エンド ユーザーの本サービス使用記録に関連するサードパーティからのリクエストを意味します。これには、エンド ユーザーまたはお客様の本サービス アカウントへの/からの情報が含まれます。サードパーティ リクエストには、有効な捜査令状、裁判所命令、召喚令状、またはエンド ユーザーからの開示同意書があるその他の要請が含まれます。
      2. お客様はご自分のアクセス権を使用して情報を取得し、サード パーティ リクエストに返答する義務があります。お客様はサード パーティ リクエストに返答するために必要な情報の取得を試み、いかようにしても情報を取得できない場合のみに Dropbox に問い合わせることができます。
      3. Dropbox は、法律の定める範疇およびサードパーティ リクエストの規約範囲内で商業上相応の努力を尽くし、(A) Dropbox のお客様がサード パーティ リクエストを受領したことを迅速に通知し、(B) サードパーティ リクエストに反するお客様の商業上相応な要求に応じ、(C) サードパーティ リクエストに応じるために必要な情報およびツールをお客様に提供します(お客様が他にその情報を入手することができない場合)。お客様がサードパーティ リクエストに迅速に応じることができない場合、Dropbox がそうすることも可能ですがその義務は負いません。
  3. サードパーティ サービス: お客様が本サービスとサードパーティ サービス(例: Dropbox API を使用するサービスなど)を併用する場合、(a) サードパーティによるお客様のデータへのアクセスや使用の取り扱い方法を含む、サードパーティの行動や怠慢において Dropbox は責任を負わず、(b) Dropbox はサードパーティにより提供されたいかなるサービスも保証またはサポートしないものとします。
  4. ご利用の停止:
    1. Dropbox のエンド ユーザー アカウント: エンド ユーザーが (i) 本契約に違反した場合、(ii) Dropbox の責任が問われるよう本サービスが使用されたと Dropbox が合理的な見解によりみなす場合、Dropbox は該当のエンド ユーザー アカウントを一時停止もしくは終了することをお客様に要求することができます。お客様がそのエンド ユーザー アカウントを迅速に一時停止または終了しない場合、Dropbox はそれを施行する権限を有します。
    2. セキュリティ上の緊急事態: 本契約にかかわらず、セキュリティ上の緊急事態において Dropbox は本サービスの使用を自動的に一時停止することができます。Dropbox は商業上相応の努力を尽くし、セキュリティ上の緊急事態を防止または終結するために、必要に応じてこの一時停止を厳密に審査します。「セキュリティ上の緊急事態」とは、(i) 本サービス、他のお客様の本サービスの利用または本サービスを提供する上で使用するインフラストラクチャーを中断する、またはその可能性を与える本サービスの使用方法、および (ii) サードパーティによる本サービスの無断使用を意味します。
  5. 知的所有権:
    1. 権利の留保: 本契約にて明示的に定められている場合を除き、本契約は (i) お客様のデータに関するいかなる知的所有権も Dropbox に譲与することはなく、または (ii) 本サービスまたは Dropbox の商標およびブランド機能に関するいかなる知的所有権もお客様に譲与することはありません。「知的所有権」とは、特許、著作権、企業秘密、商標、著作者の人格権、その他同様の権利における、現在および将来的な全世界での権利を意味します。
    2. 制限付きの許可: お客様は、Dropbox が本サービスを提供する上で合理的に必要な制限付きの許可を譲与します(例: データ保存のホスティングなど)。この許可は、Dropbox が本サービスを提供するために提携しているサードパーティ(例: お支払いを処理する企業など)にも与えられます。
    3. フィードバック: お客様またはエンド ユーザーが Dropbox または Dropbox のフォーラムに投稿したご意見/ご感想、コメント、提案は、お客様に義務を負うことなく、Dropbox の自由裁量でいかなる目的においても当社製品/サービス、ライセンス/二次ライセンスへ使用および組み入れることができ、その内容を一部修正することができます。
    4. 顧客リスト: Dropbox は、当ウェブサイトやプロモーション資料において Dropbox の顧客リストにお客様の名前を掲載できるものとします。
  6. 料金とお支払い:
    1. 料金: お客様は支払いを負担し、Dropbox がお客様の選択した支払い方法を使用してすべての当該料金を請求することを承認します。法律上で求められる場合を除き料金は返金されません。お客様は完全で正確なお支払い情報および連絡先を Dropbox に提供する責任があります。料金を滞納した場合、Dropbox は本サービスを一時停止または解約することができます。
    2. 自動更新とトライアル版: お客様のアカウントで自動更新が設定されている場合、またはトライアル期間内の場合、お客様が自動更新をキャンセルまたは無効にすることを Dropbox に通知しない限り、Dropbox はトライアル期間の終了時または更新時に、自動的に請求することができます。 Dropbox はお客様に次回の請求日より少なくとも 30 日前に通知をすることで、本サービス料金を変更することができます。
    3. 税金: お客様には、すべての税金を支払う責任があります。Dropbox は必要に応じて税金を請求します。お客様が法律により税金の差し控えを要求されている場合、お客様は Dropbox に正式な税金受領書またはその他の適切な文書を提出する必要があります。
    4. 発注書: お客様が発注書または発注番号を必要とされる場合、お客様は (i) 購入時に発注番号を提示する、および (ii) 発注書の利用規約は本契約には適用されず、無効であることに同意するものとします。
  7. 期限と解約:
    1. 期限: お客様の本サービスの加入期間の満了、解約または本契約が解約されるまで、本契約は効力を有するものとします。
    2. 違反による解約: Dropbox またはお客様のいずれかは、次の場合に本契約を解約することができます。(i) 一方の当事者が本契約に対して重大な違反を犯し、書面による通知の受け取りから 30 日間以内に当該違反を是正しない場合、または (ii) 一方の当事者が業務運営を停止した場合、または倒産処理手続きの対象となり、当該処理手続きを 90 日間以内に退けられない場合。
    3. 解約の影響: 本契約を解約する場合、(i) Dropbox がお客様に承認した権利は即座に終了し(同項の明記を除く)、(ii) Dropbox はお客様が保存済みデータをエクスポートできるように、その当時の価格でお客様にアカウントへのアクセスを提供することができ、(iii) 商業上相応な一定の期間において Dropbox はお客様のアカウントに関連するいかなる保存済みデータも削除することができます。次の項目は本契約の終了または解約においても存続します。 2(e) (サードパーティ リクエスト)、5(知的所有権)、6(料金とお支払い)、7(c) (解約の影響)、8(補償)、9(免責)、10(法的責任の制限)、11(紛争)および 12(一般条項)。
  8. 補償:
    1. お客様: お客様は (i) 顧客データ、(ii) 本契約に違反した顧客による本サービスの使用、または (iii) 本契約に違反したエンド ユーザーによる本サービスの使用に関するサードパーティからの Dropbox および Dropbox の関連企業に対する請求により生じた、いかなる法的責任、損害、費用(示談費用および妥当な弁護士費用を含む)に対して Dropbox を補償、弁護、免責します。
    2. Dropbox: Dropbox は、Dropbox の技術を使用して本サービスをお客様に提供した上で、サードパーティのあらゆる著作権、企業秘密、米国特許、商標を侵害したとするサードパーティによるお客様に対する申し立てにより生じた、いかなる法的責任、損害、費用(示談費用および妥当な弁護士費用を含む)に対して、お客様を補償、弁護、免責します。Dropbox は同項で記述した点にて、次のいかなる場合においても一切の責任を負いません。(i) 変更形態による本サービスの使用、または Dropbox が提供していないマテリアルと組み合わせた本サービスの使用から問題が生じた場合、(ii) お客様、エンド ユーザー、またはその他のサードパーティにより提供されたあらゆるコンテンツ、情報、またはデータから問題が生じた場合。
    3. 侵害の可能性: Dropbox では、本サービスまたはサードパーティの知的所有権を侵害した可能性があると信じる場合に、次の措置を取る権利を有します。(i) お客様が本サービスを継続して利用できる権利を獲得し、その費用は Dropbox が負担し、(ii) 侵害することなく同等の代替サービスを提供し、または (iii) 本サービスを変更して侵害を解消します。Dropbox が同項に記述したオプションは商業上相当ではないとみなした場合、Dropbox はお客様による影響を受けているサービスの使用を一時停止または終了することができます(本サービスのプリペイド価格を日割り計算して返金)。
    4. 一般事項: 補償を求める関係者は、申し立てについて迅速に相手方当事者に通知し、その申し立てに抗弁する同当事者と協力するものとします。補償を求める関係者は弁護側の完全な管理権および支配権を有するものとしますが、例外は次の通りです。 (i) 補償を求める関係者から負担を認める事前の書面による承諾書を必要とする場合、不当に非公表にしたり遅延させたりしないこと、(ii) 自己の弁護士と共に費用を自己負担することで相手方当事者は弁護に参加することが可能であること。上記の補償は、サードパーティの知的所有権が相手方当事者により侵害された場合の本契約における Dropbox およびお客様の唯一の救済策です。
  9. 免責: 本サービスは「現状有姿で」提供されます。本契約で明示的に規定されている場合を除き、法律の定める最大限の範疇において、お客様、Dropbox、その提携企業、供給業者、配給業者は、商品性、特定目的の適合性および権利の侵害がない場合も含み、あらゆる場合において明示的または黙示的による一切の保証を排除します。保存済みデータの管理およびバックアップの責任はお客様が担うものとします。
  10. 法的責任の制限:
    1. 間接責任の制限: 法律の定める最大限の範疇において、Dropbox またはお客様の補償義務である場合を除き、お客様、Dropbox、その提携企業、供給業者、配給業者は本契約のもとに (I) 間接的損害、特別損害、付随的損害、必然的損害、懲戒的損害、懲罰的損害、または (II) 使用不能損失、データ紛失、取引上の損失、収益損害、利益損害(直接的または間接的な場合を含む)に対する一切の責任を負いません。これは、当事者がこのような損害が潜在的であると認識および認識できるはずだった場合においても、または直接損害が救済を果たさない場合においても適用されます。
    2. 法的責任の限度: 法律の定める最大限の範疇において、本契約に基づいた Dropbox の債務総額は 100,000 米ドルを超えないもの、または法的責任が起因する出来事から 12 か月間に遡ってお客様により Dropbox に支払われた金額を超えないものとします。
  11. 紛争:
    1. 問題解決の試み: Dropbox は正式な訴訟申し立てを行う前に、問題解決が可能であるかを検討します。Dropbox に対する苦情を申し立てる前に、双方とも 13(e) 項目の通知手順により連絡を取り合い問題解決を試みるものとします。苦情を提出されてから 30 日間以内に問題が解決されない場合、お客様または Dropbox は正式に苦情を申し立てることができます。
    2. 仲裁合意: お客様と Dropbox は、下記の仲裁合意の例外に該当する場合を除き、最終的かつ拘束力のある仲裁を通じて、本規約または本サービスに関与するあらゆる苦情を解決することに同意するものとします。米国仲裁協会(AAA)は、 商業仲裁規制および消費者関連の紛争における補足規則のもとにその仲裁を処理します。仲裁は米国カリフォルニア州サンフランシスコ郡または双方が書面にて同意した場所で行われます。
    3. 仲裁合意における例外: 当事者の一方は、未認証の使用または本サービスの乱用、知的所有権の侵害を阻止する場合に限り、正式な訴訟申し立てを行う前に問題解決を試みるための上述した通知手順を実行せず、米国カリフォルニア州サンフランシスコ郡の連邦裁判所または州立裁判所にて訴訟を起こすことができます。その場合、お客様および Dropbox はその裁判地と対人管轄権に同意するものとします。
    4. 共同訴訟なし: お客様の苦情は個人的なレベルで Dropbox と解決されるものとし、提訴人または集団訴訟の原告または代表訴訟人として苦情を申し立てることはできないものとします。集団での仲裁、集団訴訟、民間法務長官法またはその他の仲裁方法は認められていません。
  12. 一般条項:
    1. 条件の変更: Dropbox は本契約を必要に応じて変更訂することができます。最新版は、ビジネス向け Dropbox ウェブサイトに常時掲載されます。Dropbox の自由裁量による重要性の高い変更は、Dropbox によりユーザー(例: 当該アカウントに登録されているメール アドレス)に変更内容が通知されます。その他の変更は Dropbox のブログまたは利用規約のページに掲載されます。また、ユーザーはこのような掲載事項を定期的に確認する責任があります。変更が有効になった後も、サービスへのアクセスまたは使用を継続することにより、変更された契約を遵守することに同意するものとします。お客様が変更された契約条件に同意しない場合、お客様は通知を受信されてから 30 日間以内に本サービスをキャンセルすることができます。
    2. 完全合意: お客様の請求書および発注書を含む本契約は、本契約の主題に関するお客様と Dropbox 間の完全合意事項を記載しており、書面または口頭においても本契約は以前の合意事項および本契約の主題に該当する諸条件に優先し取って代わるものです。本契約を生成する文書間で不一致がある場合は、請求書、発注書、本契約の順に規制されます。
    3. 準拠法: 本契約は法の抵触に関する原則を除き、米国カリフォルニア州の法律に準拠するものとします。
    4. 可分性: 法的強制力がないと判断された条項は、当事者の意向を反映するようにするため、および当該条項が法的強制力を持つようにするために必要最低限の範囲で修正されます。本契約の残りの条項は、引き続き効力を有します。
    5. 通知: 通知は、第 1 種郵便、航空便、または翌日配達で送付する必要があり、届いた時点で受領したとみなされます。お客様への通知は当該アカウントのメール アドレスに送信され、送信した時点で受領したとなされます。Dropbox への通知は法務部への複写を同封した上で、Dropbox, Inc., P.O. Box 77767, San Francisco, CA 94107 宛に送付するものとします。
    6. 権利放棄: 1 つの不履行に対して権利を放棄しても、その後の不履行に対する権利を放棄することにはなりません。
    7. 譲渡: お客様は、本契約のいかなる部分も Dropbox による書面による同意なしに譲渡したり名義変更を行うことはできません。Dropbox は、合併、企業再編成、全資産または大部分の売却に関連して本契約やいかなる権利または責任を関連者に譲渡する場合を除き、お客様への事前通知なく本契約を譲渡することはできません。他のいかなる譲渡も無効とみなされます。
    8. 代理関係: Dropbox およびお客様は法律上のパートナーまたは代理人ではなく、独立した当事者です。
    9. 不可抗力: 支払いの義務を除き、当事者の合理的な管理(例: 天災、戦争、テロ、暴動、労働状況、政府の措置、インターネットの中断)を超える状況が原因の不完全履行に対して、Dropbox およびお客様は一切の責任を負いません。
    10. 第三受益者: 本契約には第三受益者は存在しません。この項目に限定されることなく、本契約に基づいた上でのお客様の権利において、お客様のエンド ユーザーは本契約の第三受益者ではありません。
    11. エクスポートの制限: 本サービスを通じて行うお客様のデータのエクスポートおよび再エクスポートは、United States Export Administration Regulations(米国輸出管理規則)により管理されている場合があります。キューバ、イラン、北朝鮮、スーダン、シリア、また米国により通商禁止の対象になっている国々では、本サービスを使用することはできません。お客様は、エクスポートの制限に違反して本サービスを使用したり、米国により通商禁止の対象になっている国で本サービスを使用したりすることはできません。また、お客様は、米国商務省の輸出禁止対象者リスト(Table of Denial Orders)、エンティティ リスト(The Entity List)、または米国財務省の特別指定国民(The List of Specially Designated Nationals)に属する人物に本サービスを提供しないものとします。
Dropbox

ビジネス向け Dropbox の契約書

最終改訂日: 2013 年 4 月 10 日

本ビジネス向け Dropbox の契約書(以下「契約」とする)は規定どおり、デラウェア法人の Dropbox, Inc.(以下「Dropbox」とする)とお客様またはエンド ユーザー間で締結されます。本契約は、ビジネス向け Dropbox サービスおよびクライアント ソフトウェア(以下「サービス」または「ビジネス向け Dropbox」とする)へのアクセスと使用を管理します。

サービスの申し込みをするお客様: ユーザーがサービスを申し込む場合、[同意する] をクリックすること、サービスの契約に署名すること、またはビジネス向け Dropbox を使用することにより、本契約に「お客様」として同意するものとみなします。ユーザーが組織による使用のために本契約に同意する場合、当該組織の代表として本契約に同意するものとみなします。ユーザーは、本契約に対して当該組織を拘束する権限を持っているものとします。さもなければ、サービスに申し込むことはできません。

エンド ユーザー: サービスを「エンドユーザー」として使用している場合、[同意する] をクリックすること、またはビジネス向け Dropbox を使用することにより、本契約(特に第 1 条および第 13 条)と Dropbox 利用規約(https://www.dropbox.com/terms)に同意するものとみなします。本契約と Dropbox 利用規約の範囲で矛盾がある場合は、本契約が優先されます。本契約では、管理者がビジネス向け Dropbox アカウントの情報とアクセス権限を管理できることに合意するものとします。


  1. エンド ユーザーについて
    1. アカウント: ビジネス向け Dropbox アカウントへの登録時に、エンド ユーザーは新しいアカウントを作成するか、既存の個人用アカウントをビジネス向け Dropbox アカウントに切り替えます。エンド ユーザーの個人用アカウントがビジネス向け Dropbox アカウントに切り替わると、管理者の管理対象となります。エンド ユーザーは、すべての雇用債務およびお客様の利用規約とポリシーを遵守してサービスを使用しなければなりません。
    2. 管理者権限: エンド ユーザーの管理者は、エンド ユーザーのビジネス向け Dropbox アカウントの情報に対してアクセス、開示、制限、または削除する権限があります。また、管理者には、エンド ユーザーのビジネス向け Dropbox アカウントへのアクセスをモニタ、制限、または停止する権限があります。エンド ユーザーは、ビジネス向け Dropbox アカウントを組織から分離することはできません。
  2. お客様の義務について
    1. 順守: お客様は Acceptance Use Policy(AUP)を含む Dropbox サービス利用規約を順守し本サービスをご利用するものとします。お客様はエンド ユーザーの承認を得ることおよびそれを維持し、管理者の本契約による行為および Dropbox による本サービスの提供を許可するものとします。お客様はエンド ユーザーが本契約、Dropbox サービス利用規約、Dropbox プライバシーポリシーを承認および準拠することを提示し保証するものとします。
    2. 本サービスの顧客管理: お客様は、管理コンソールでエンド ユーザーを「管理者」として特定することできます。お客様は、(i)パスワードおよび管理者アカウントの機密性を保持すること、(ii)管理者アカウントへのアクセスを管理すること、(iii)管理者による本サービスの使用方法が本契約を順守していることを保証する義務があります。Dropbox の責任は、お客様の内部管理またはサービス管理までには及びません。
    3. 無断使用および不正アクセス: お客様はエンド ユーザーによる本サービスの無断使用を防ぎ、いかなる本サービスの無断使用を終了させるものとします。本サービスは、十三歳以下のエンド ユーザーを対象と意図したものではありません。お客様は十三歳以下の人物による本サービスの使用を許可しないものとします。本サービスの無断使用や不正アクセスが見られた場合は迅速に Dropbox に通知するものとします。
    4. 用途の制限: お客様は、(i)本サービスの販売、再販、貸付を行わないこと、もしくは(ii)本サービスの使用または故障により、物理的損傷、死亡または人身被害につながる活動に本サービスを使用しないものとします。該当する業界固有の規制(例: HIPAA)を順守する責任は、Dropbox ではなくお客様にあります。
    5. サード パーティ リクエスト:
      1. サード パーティ リクエスト」とは、エンド ユーザーのサービス使用記録に関連するサード パーティからのリクエストを意味します。これには、ビジネス向け Dropbox アカウントのエンド ユーザーまたはお客様への/からの情報が含まれます。サード パーティ リクエストには、有効な捜査令状、裁判所命令、召喚令状、またはエンド ユーザーからの開示を求めるその他の書面による要請が含まれます。
      2. お客様はご自分のアクセス権を使用して情報を取得し、サード パーティ リクエストに返答する義務があります。お客様はサード パーティ リクエストに返答するために必要な情報の取得を試み、いかようにしても情報を取得できない場合のみに Dropbox に問い合わせることができます。
      3. Dropbox は法により許可され第三者による規約範囲内で商業上相応の努力を払うものとします:(A)Dropbox のお客様の第三者による申立ての受領を迅速に通知します、(B)第三者による申立てに反するお客様の商業上妥当な要求に応じます、また(C)第三者による申立てに応じるために必要な情報およびツールをお客様に提供します(お客様が他にその情報を入手することができない場合)。お客様が第三者の申立てに迅速に応じることができない場合、Dropbox がそうすることも可能ですがその義務は負いません。
    6. 通信設定の管理: お客様は、Dropbox からの/への通信に関するすべての [オプトイン/オプトアウト] 設定をお客様のエンド ユーザーのために保守する責任があります。お客様は、前述の設定に関するエンド ユーザーからのリクエストに回答するために合理的なあらゆる努力を行います。
  3. 本サービスについて
    1. 本サービスの提供: お客様は本契約に基づき、Dropbox により提供された本サービスにアクセスし使用することができます。
    2. 設備とデータの転送: Dropbox は、顧客データを保管および処理するための設備が商業上合理的な安全基準を満たしていることを確実にするために、商業上合理的な努力をします。本サービスを使用することにより、お客様は顧客データの転送、処理、保管に同意することとみなします。「顧客データ」とは、お客様またはエンド ユーザーにより本サービスを経由して保管および送信されたすべてのデータとコンテンツを意味します。
    3. 本サービスへの変更: Dropbox は、本サービスを適宜更新する場合があります。Dropbox が本サービスを変更する際、その変更内容がお客様の機能性を著しく縮小するものである場合は、Dropbox はお客様にその旨を通知します(Dropbox からの当該通信をオプトアウトしている場合を除く)。
    4. 本サービスの使用制限: Dropbox は、本サービスのバンド幅使用量について合理的な制限を課す場合があります。
  4. サポートについて: お客様は自己負担により、本サービスの利用に関するエンド ユーザーまたはサード パーティの質問や苦情に回答するものとします。Dropbox にエスカレートする前に、お客様はサポート問題を解決するために合理的な努力を行うものとします。
  5. ご利用停止;
    1. Dropbox のエンド ユーザーアカウント: エンド ユーザーが(i)本契約または Dropbox サービス利用規約に違反した場合;(ii)本サービスのサポートリクエストを過剰に使用した場合; または(iii)本サービスの使用により Dropbox が合理的な見解により不利に導くよう本サービスが使用されたと見なす場合、Dropbox は該当のエンド ユーザーアカウントを一時停止もしくは終了することをお客様に要求する場合があります。お客様がそのエンド ユーザーアカウントを迅速に一時停止または終了しない場合は Dropbox がそれを施行する場合があります。
    2. 緊急時の対応: 本契約にかかわらず緊急時において Dropbox は自動的に本サービスの使用を一時停止する場合があります。Dropbox は緊急時の防止またはそれを終結する上で必要な商業上相応の努力を払い綿密にそれを一時停止します。「緊急時の対応」とは:(i)本サービス、他のお客様の本サービスの利用または本サービスを提供する上で使用するインフラストラクチャーを中断するまたはその可能性がある場合および(ii)第三者による本サービスの無断使用を意味します。
  6. 知的所有権:
    1. 権利の留保: 本契約はお客様またはエンドユーザーのファイルまたは知的所有権が含まれるファイルにおいて DROPBOX が本サービスを行うために必要な本契約で明確に示している制限付き権利以外、いかなる権利も承諾しません。本契約はお客様またはエンド ユーザーに(i)本サービスにおける知的所有権の権利または(ii)Dropbox 商標、ロゴ、ドメイン名、またはその他のブランド機能の権利の使用を許可するものではありません。「知的所有権」とは現在および将来の特許、著作権、企業秘密、人格権およびその他同様の権利における全世界での権利を意味します。
    2. 制限付き許可: お客様またはエンド ユーザーがビジネス向け Dropbox アカウントの操作を Dropbox に要求する場合(例: ファイルのホスト、お客様またはエンド ユーザーの指示によるファイルの共有)、お客様の許可をリクエストする場合があります。これには、お客様またはエンド ユーザーに表示される製品機能(例: 画像サムネイルまたはドキュメントのプレビュー)が含まれます。また、サービスを技術的に管理するための設計の選択(例: データを保護するために、サービスがデータを冗長的にバックアップする)も含まれます。お客様は、サービスを提供する上で Dropbox が必要な権限、および Dropbox が責務を遵守し、本契約の権限を遂行する上で必要な許可を Dropbox に与えるものとします。この許可は、Dropbox がサービスを提供するために提携しているサード パーティ(例: Dropbox のストレージ容量を提供している Amazon)にも与えられます。
    3. フィードバック: ユーザーからのご意見/ご感想はいつでも受け付けておりますが、お客様またはエンドユーザが Dropbox または Dropbox のフォーラムに投稿したご意見/ご感想、コメント、提案を、お客様またはエンド ユーザーに義務を負うことなく、Dropbox の自己裁量でいかなる目的においても当社製品/サービス、ライセンス/二次ライセンスへ適用する場合があるものとします。
    4. 顧客リスト: Dropbox は、当ウェブサイト上の Dropbox 顧客リストにお客様の名前を含めることができるものとします。
  7. サード パーティ サービス: お客様が本サービスとサード パーティ サービスを併用する場合、(a)本サービスはお客様/エンド ユーザーの情報へのアクセスまたは使用が可能であること、 (b)Dropbox は、サード パーティによるお客様/エンド ユーザーの情報の取り扱い方法を含む、サード パーティの行動や怠慢に責任を持たないこと、(c)Dropbox はサード パーティにより提供されたいかなるサービスも保証またはサポートしないものとします。
  8. 免責事項: 本サービスは「現状のまま」で提供されているものです。法律により最大限に許可されている範囲で、本契約で明確に記述されている場合を除き、DROPBOX およびお客様は、明示的、黙示的、または制定法上のいずれであるかにかかわらず、一切の保証を否認し、これには権原、市販可能性、特定目的適合性および非侵害についての黙示の保証が含まれますが、それらに限定されるものではありません。DROPBOX はエンド ユーザーやお客様のサービスアカウントのいかなるコンテンツまたは情報を代表するものではありません。Dropbox はエンド ユーザーまたはお客様のサービスアカウントにある情報の正確性、完全性、適切性、ファイルの合法性、ユーザーによる投稿またはその他の情報に関する一切の責任を負いません。Dropbox はエンド ユーザーまたはお客様のサービスアカウントに保存されている情報の削除または保存の失敗における一切の義務と責任を負いません。
  9. 料金と支払い
    1. 料金: お客様は支払いを負担し、Dropbox がお客様の選択した支払い方法を使用してすべての当該料金を請求することを承認します。お客様が年間請求をご利用されている場合、本サービスを購入されてから 30 日間以内であれば当該料金を返金いたします。その他の場合は、法律上で求められる場合を除き料金は返金されません。お客様は完全で正確なお支払い情報および連絡先を Dropbox に提供する責任があります。料金を 30 日間滞納した場合、Dropbox は本サービスを一時停止または解約することができます。
    2. 自動更新とトライアル版: お客様のアカウントで自動更新が設定されている場合、またはトライアル期間内の場合、お客様が自動更新をキャンセルまたは無効にすることを Dropbox に通知しない限り、Dropbox はトライアル期間の終了時または更新時に、自動的に請求することができます。 Dropbox はお客様に次回の請求日より少なくとも 30 日前に通知をすることで、サービス料金を変更することができます。
    3. 税金: お客様には、すべての税金を支払う責任があります。Dropbox は必要に応じて税金を請求します。お客様が法律により税金の差し控えを要求されている場合、お客様は Dropbox に正式な税金受領書またはその他の適切な文書を提出する必要があります。
  10. 期限と解約
    1. 期限: お客様の本サービスの加入期間の満了、または解約、または契約が解除されるまで、この契約は効力を有するものとします。
    2. 違反による契約解除: Dropbox またはお客様のいずれかは、次の場合にご利用を停止するか本契約を解除することができます。(i)一方の当事者が本契約に対して重大な違反を犯し、書面による通知の受け取りから 30 日間以内に当該違反を是正しない場合、もしくは(ii)一方の当事者が業務運営を停止した場合、または倒産処理手続きの対象となり、当該処理手続きが 90 日間以内退けられない場合。
    3. 自由契約解除: お客様は、お客様の本サービス アカウントを本サービス管理コンソールで無効にすることにより、本契約を常時解除することができます。
    4. エンド ユーザーの契約解除: エンド ユーザーは、本サービスのご利用を常時停止することができます。エンド ユーザーのビジネス アカウントを個人用アカウントに切り替えた場合、本サービスの Dropbox 利用規約が引き続き適用される場合を除いて、ビジネス アカウントの当該エンド ユーザーに対する本契約は解除されます。
    5. 解約の影響: 本契約を解約する場合:(i)Dropbox がお客様に承認した権利は即座に終了します(同項の明記を除く);(ii)Dropbox がエンド ユーザーに承認した権利は即座に終了します;(iii)Dropbox はお客様が情報をエクスポートできるように、その当時の価格でお客様にアカウントへのアクセスを提供する場合があります; また(iv)商業上妥当な一定の期間において Dropbox はお客様のアカウントに関連する一切のデータを削除する場合があります。次の項目は本契約の終了または解約においても存続します: 1(c)(管理者コントロール)、2(e)第三者の要求、6(知的所有権)、8(免責条項)、9(料金および支払い)、10(d)(エンドユーザー解約)、10(e)(解約の影響)、11(保証)、12(責任制限)および 13(その他)。
  11. 補償:
    1. お客様: お客様は、(i)顧客データ、(ii)本契約または適切な使用ポリシーに違反した顧客による本サービスの使用、もしくは(iii)お客様のエンド ユーザーによる本サービスの使用に関するサード パーティの請求により生じた、いかなる法的責任、損害、費用(示談費用および妥当な弁護士費用を含む)に対して Dropbox を補償、弁護、免責します。
    2. Dropbox: Dropbox の技術を使用して本サービスをお客様に提供した上で、いかなる著作権、企業秘密、米国特許、第三者の商標を侵害したとする第三者によるお客様に対する申立てにつき Dropbox は罪のないお客様をすべての免債、損害、費用に対し補償および弁護します(示談費用および妥当な弁護士費用を含む)。Dropbox は同項で記述した点において次のいかなる場合においても一切の責任を負いません:(i)本サービスの変更した形態による使用または Dropbox が提供しないものと組み合わせている場合:(ii)お客様、エンド ユーザー、またはその他の第三者により提供されたあらゆる内容、情報、データ。
    3. 侵害の可能性: Dropbox では本サービスが侵害または第三者の知的所有権を侵害した可能性があると信じる場合に、次を行う場合があります:(i)Dropbox が費用を負担して、でお客様が本サービスを継続して利用する権利を獲得します;(ii)侵害することなく機能する同等の代替サービスを提供します; または(iii)本サービスを変更し侵害のないようにします。Dropbox では同項に記述したオプションは商業上妥当なものと見なし Dropbox はお影響を受けているサービスのお客様による使用を一時停止または終了する場合があります(本サービスのプリペイド価格に応じる払い戻しを提供)。
    4. 一般事項: 補償を求める関係者は、申立てについて迅速に相手方当事者に通知し、その申立てに抗弁する同当事者と協力するものとします。補償を求める関係者は弁護側の完全な管理権および支配権を有するものとしますが、例外は次の通りです:(i)補償を求める関係者から負担を認める事前の書面による承諾書を必要とする場合、合意、不当に非公表にしたり遅延させたりしないこと(ii)自己の弁護士と共に費用を自己負担することで相手方当事者は弁護に参加することができる場合もあります。上記の補償は第三者の知的所有権が第三者により侵害された場合の本契約において DROPBOX およびお客様の唯一の救済策です。
  12. 法的責任の制限:
    1. 間接責任の制限: Dropbox またはお客様の補償義務である場合を除いて、Dropbox およびお客様は、利益損失、間接的損害、特別損害、付随的損害、必然的損害、懲戒的損害、懲罰的損害に対する一切の責任を負いません。これは、当事者がこのような損害が潜在的であると認識していたおよび認識できるはずだった場合においても、または直接損害が救済を果たさない場合においても適用されます。
    2. 法的責任の限度: 本契約に基づき、Dropbox の債務総額は 100,000 米ドル、または法的責任が起因する出来事から 12 か月間にわたりお客様により Dropbox に支払われた金額を超えないものとします。
  13. 一般条項:
    1. 条件の変更: Dropbox は、本契約を必要に応じて変更することができます。最新バージョンは、ビジネス向け Dropbox ウェブサイトに常時掲載されます。Dropbox の自由裁量による重要性の高い変更は、Dropbox によりユーザー(例: 当該アカウントに登録されているメール アドレス)に変更内容が通知されます。その他の変更は Dropbox のブログまたは利用規約のページに投稿されます。また、ユーザーはこのような掲載事項を定期的に確認する責任があります。変更が有効になった後も、サービスへのアクセスまたは使用を継続することにより、変更された契約を遵守することに同意するものとします。お客様が変更された契約条件に同意しない場合、お客様はサービスをキャンセルすることができます。変更の重要性が高い場合、および変更の有効日前にお客様がキャンセルする場合、Dropbox はお客様の支払い済みの未使用のサービス期間に対して、日割り計算した料金を返金します。エンド ユーザーが変更された契約に同意しない場合、エンド ユーザーはビジネス向け Dropbox アカウントの使用を停止しなければなりません。お客様は、承認、許可、延長、同意をメールにより与えることができます。
    2. 完全条項: お客様の請求書、Dropbox サービス規約を含む本契約は、お客様と Dropbox 間のすべての了解と合意を規定するものであり、書面であろうと口頭であろうと、従前の一切の了解、意図の表明、覚書に優先し、それらに取って代わるものとします。契約内で問題がある場合は、優先順位は次の通りになります: 請求書、本契約、Dropbox サービス利用規約、
    3. 準拠法: 本契約および本サービスは、抵触法の原則に関わらず、カリフォルニア州法に準拠します。本契約または本サービスに起因するすべての請求は、カリフォルニア州サンフランシスコ郡の連邦または州裁判所で行われる必要があります。両当事者は、これらの裁判所の独占的裁判地および裁判権について合意するものとします。
    4. 可分性: 法的強制力がないと判断された条項は、当事者の意向を反映するようにするため、および当該条項が法的強制力を持つようにするために必要最低限の範囲で修正されます。本契約の残りの条項は、引き続き効力を有します。
    5. 通知: 通知は、第 1 種郵便、航空便、または翌日配達で送付する必要があり、受領日に送達されたとみなされます。お客様への通知は当該アカウントのメール アドレスに送信され、送信時に送達されたとみなされます。Dropbox への通知は法務部への複写を含め、Dropbox, Inc., 185 Berry St, Suite 400, San Francisco, CA 94107 宛に送付するものとします。
    6. 権利放棄: 1 つの不履行に対して権利を放棄しても、その後の不履行に対する権利を放棄することにはなりません。
    7. 譲渡: お客様は本契約のいかなる部分も Dropbox による書面による同意なしに譲渡したり名義変更を行うことはできません。Dropbox は、合併、企業再編成、全資産または大部分の売却に関連して本契約を関連者に譲渡する場合の除いて、事前通知なく本契約を譲渡することはありません。他のいかなる譲渡も無効です。
    8. 代理関係: Dropbox およびお客様は法律上のパートナーまたは代理人ではなく、独立した当事者です。
    9. 不可抗力: 当事者の合理的な管理(例: 天災、戦争、テロ、暴動、労働状況、政府の措置、インターネットの中断)を超える状況が原因の業績不良に対して、Dropbox およびお客様は一切の責任を負いません。
    10. 第三受益者: 本契約には第三受益者は存在しません。この項目に限定されることなく、お客様のエンド ユーザーは本契約の第三受益者ではありません。
    11. エクスポートの制限: 本サービスを通じて行うデータのエクスポートおよび再エクスポートは United States Export Administration Regulations(米国輸出管理規則)により管理されている場合があります。キューバ、イラン、北朝鮮、スーダン、シリア、また米国により通商禁止の対象になっている国々では、本サービスを使用できない場合があります。お客様は管理者およびエンドユーザが米国により禁輸対象および通商禁止国と定められている国において、本サービスを使用することがないようにするものとします。また、お客様は本サービスが Table of Denial Orders、The Entity List、The List of Specially Designated Nationals に属する人物に本サービスを提供しないものとします。
利用規約 - Dropbox

Dropbox 利用規約

最終更新日: 2014 年 2 月 20 日

発効日: 2014 年 3 月 24 日

平素は Dropbox をご利用いただき、誠にありがとうございます。この利用規約(以下「本規約」)は、Dropbox, Inc. がご提供するお客様の Dropbox サービスの用途およびアクセス、クライアント ソフトウェアやウェブサイト(以下「本サービス」)についてご説明したものです。Dropbox のプライバシー ポリシーは、お客様からご提供いただいた情報の収集方法および使用方法についてご説明したものです。また、利用目的を制限する規則(AUP)は、お客様が本サービスをご利用いただくにあたり課せられる責任について記述したものです。本サービスをご利用いただくことにより、お客様は本規約を遵守することに同意するものとし、Dropbox のプライバシー ポリシーおよび利用目的を制限する規則(AUP)をお読みになり、内容を理解されているものとします。また、お客様が本サービスを組織としてご利用いただく場合、当該組織の代表として本規約に同意するものとみなします。

お客様の情報と許可権

本サービスをご利用いただく場合、お客様はファイル、コンテンツ、メール、連絡先リストなど(以下「お客様の情報」)を Dropbox に提供します。お客様の情報は、お客様に所有権があります。本サービスを提供する上で有効となる制限付きの権利を除き、本規約によりお客様の情報が Dropbox に譲渡されることはありません。

Dropbox がお客様の情報をホストしたり、バックアップを行ったり、お客様のリクエストに基づき情報を共有する場合、Dropbox はお客様の許可を必要とします。本サービスは、写真のサムネイル、ドキュメントのプレビュー、メールの整理、ファイルの簡単な分類、編集、共有、検索などの機能もお客様にご提供しています。こうした機能およびその他の機能は、Dropbox がお客様の情報にアクセスし、情報を保存およびスキャンすることを必要とします。お客様が本サービスをご利用いただくにあたり、お客様はこうした権利を Dropbox に許可し、その許可権は Dropbox と提携している認定サードパーティにも適用されます。

コンテンツの共有

本サービスのご利用により、お客様は他者とお客様の情報を共有することができます。ご利用の際は、他者と共有するアイテムに細心の注意を払うようにしてください。

責任

お客様のアクティビティやお客様の情報は、お客様に責任があるものとみなされます。また、お客様は利用目的に関する制限(AUP)を遵守するものとします。本サービスに保存されているコンテンツは、他者の知的所有権により保護されている場合があります。お客様自身が所有権を有していない場合は、他者のコンテンツをコピー、アップロード、ダウンロード、共有することはしないでください。

利用目的に関する制限(AUP)および本規約との遵守性を確認するため、Dropbox はお客様のアクティビティおよびコンテンツを調査する権限を有します。ただし、Dropbox にその義務が課せられているわけではありません。本サービスをご利用されているユーザーが投稿、共有するコンテンツの責任を Dropbox が負うことは一切ありません。

本サービスでお使いのパスワードを保護してください。他者がアクセスできないようにし、お客様の情報は常に最新の状態にしてください。

本サービスは 13 歳未満の方のご利用を対象としていません。本サービスをご利用されることで、お客様の年齢が 13 歳以上であるものとみなします。

ソフトウェア

本サービスでは、自動更新されるクライアント ソフトウェア(以下「ソフトウェア」)のダウンロードをお客様に許可しています。お客様が本規約を遵守される限り、Dropbox は本サービスにアクセスすることのみを目的とした本ソフトウェアを使用するための制限付き、非独占的、譲渡不可能、取消し可能なライセンスをお客様に提供します。本ソフトウェアに適用されるコンポーネントはオープンソースのライセンスのもとで提供でき、Dropbox はそのライセンスをお客様が利用できる状態にし、そのライセンスの条件は本規約の一部規制を明示的に無効にすることができます。ただし、次に該当する制限は法律で禁止されています。お客様は本ソフトウェアをリバース エンジニアリングの対象にしたり、本サービスを逆コンパイルしたり、それを試みたり、他者の試みをサポートしたりしないことに同意するものとします。

Dropbox の情報

本サービスは、著作権、商標、またその他の米国および外国法により保護されています。本規約は、本サービスのいかなる権利、名義、所有権、本サービス内の他者のコンテンツ、Dropbox の商標、ロゴ、その他のブランド機能の権利をお客様に譲与することはありません。お客様からのフィードバックは歓迎していますが、Dropbox がお客様のコメントやご提案を使用する場合、お客様への通知義務はないことにご留意ください。

Copyright

Dropbox は他者の知的財産権を尊重しており、お客様にも同様の行動を取ることを要求します。著作権侵害申し立て通知が法令に遵守し、Dropbox に適切に提出された場合、Dropbox は当該通知に応答します。当該通知は、Dropbox の DMCA プロセスを使用して報告する必要があります。Dropbox は、著作権を侵害しているコンテンツを削除または無効化し、反復的な著作権侵害者の利用を停止する権限を有します。 以下は、本サービスに関する著作権侵害申し立て通知を担当する、Dropbox の指定代理人の連絡先です。

著作権エージェント
Dropbox Inc.
185 Berry Street, Suite 400
San Francisco, CA 94107
copyright@dropbox.com

有料アカウント

お支払い: ストレージ容量を増やして、有料の機能をアカウントに追加することができます(「有料アカウント」に移行した場合)。お支払いは有料アカウントに移行された日から自動的に請求されり、プランをキャンセルされるまで定期的に更新されます。該当する税金の責任はお客様に課せられ、必要な場合は Dropbox から税金を請求する場合もあります。

返金不可: Dropbox の有料アカウントはいつでもキャンセルすることができますが、残額が返金されることはありません。

ダウングレード: 有料アカウントは、キャンセルされた場合や本規約のもとで使用停止にされた場合を除き、引き続き有効になります。有料アカウントのお支払いを期限日までに行わない場合、Dropbox はお客様のアカウントを一時停止する、または容量を無料アカウント レベルに削減する権利を有します。該当する税金の責任はお客様に課せられ、必要な場合は Dropbox から税金を請求する場合もあります。

変更: Dropbox の料金は変更される可能性がありますが、その場合はお客様のアカウントに関連付けられているメール アドレスに事前にメールにてご連絡いたします。

ビジネス向け Dropbox

メール アドレス: お客様の雇用主が提供するメール アドレスを使用して Dropbox に登録された場合、お客様がビジネス向け Dropbox アカウントに移行しない限り、または Dropbox アカウントに個人用のメール アドレスを関連付けない限り、雇用主はお客様による Dropbox のご利用をブロックすることができます。

ビジネス向け Dropbox の使用: ビジネス向け Dropbox をご利用いただく場合は、雇用主の利用規約およびポリシーを遵守してください。ビジネス向け Dropbox アカウントは、お客様の雇用主の管轄下にあることにご留意ください。管理者は、ビジネス向け Dropbox アカウントに保存しているお客様の情報にアクセスし、情報を公開、制限、削除する権限を有します。また、管理者はビジネス向け Dropbox アカウントへのお客様のアクセスを制限または停止する権限も有します。既存の Dropbox アカウントをビジネス向けアカウントに移行される場合、管理者は後からビジネス用アカウントと個人用アカウントのリンク解除を禁止することもできます。

終了

お客様は本サービスのご利用をいつでも終了できます。Dropbox は自由裁量のもとにまた通知なしに、本サービスの利用を一時停止または終了する権利を常時有します。たとえば、お客様が本規約を遵守しない場合、または Dropbox に法的責任がかかるような方法、本サービスを中断させるような方法、他のユーザーによる本サービスのご利用を中断させるような方法でお客様が本サービスを利用している場合、Dropbox はお客様の本サービスの使用を一時停止または終了することができます。ただし、有料アカウントにおいては、お客様が 12 か月連続で Dropbox アカウントにアクセスされていない場合、Dropbox はお客様のアカウントを停止し削除する権利を有します。その場合は、アカウントに登録されているメール アドレスに事前通知を送信いたします。

現状有姿のサービス

Dropbox ではお客様に優れたサービスをご提供するように努めていますが、場合によってはそれを保証できない場合もあります。法律の定める最大限の範疇において、Dropbox、その提携企業、供給業者、配給業者は本サービスにおいて明示的か黙示的かを問わず、いかなる保証もしません。本サービスは現状有姿です。また、Dropbox は商品性、特定目的への適合性、権利の非侵害性を保証することはありません。一部の州では本条項に記載されている免責条項を許可していない場合もあり、その場合は適用されないものとします。

責任の制限

法律の定める最大限の範疇において、Dropbox、その提携企業、供給業者、配給業者はいかなる場合でも (A) 間接的損害、特別損害、偶発的損害、懲罰的損害、または派生的損害(使用機会、データ、ビジネス機会、利益の損害を含む)について、 責任理論に関わらず、または Dropbox が当該損害の可能性を示唆されていた場合に関わらず、救済が本質的目的を達成できない場合においても一切の責任を負わず、(B) 本サービスに関連する 20 米ドル以上の請求、お客様が Dropbox に支払った過去 12 か月間分の当該サービス料金の賠償責任総額について一切の責任を負いません。一部の州では本条項に記載されている制限の種類を許可していない場合もあり、その場合は適用されないものとします。

紛争の解決

問題解決の試み: Dropbox は正式な訴訟申し立てを行う前に、問題解決が可能であるかを検討します。Dropbox に対する苦情を申し立てる前に、お客様は Dropbox に連絡を取り(連絡先: notice@dropbox.com)、非公式に問題解決を試みることに同意するものとします。同様に、Dropbox もメールにてお客様に連絡を取り、非公式に問題を解決するように試みます。苦情を提出されてから 15 日間以内に問題が解決されない場合、お客様または Dropbox は正式に苦情を申し立てることができます。

仲裁合意: お客様と Dropbox は、下記の仲裁合意の例外に該当する場合を除き、最終的かつ拘束力のある仲裁を通じて、本規約または本サービスに関与するあらゆる苦情を解決することに同意するものとします。

仲裁合意のオプトアウト: 本仲裁合意を拒否するにはこちらをクリックし、本規約に同意してから 30 日間以内に仲裁の手段を取らない旨を記したフォームを提出してください。

仲裁の手順: 米国仲裁協会(AAA)は、商業仲裁規制および消費者関連の紛争における補足規則のもとにその仲裁を処理します。仲裁はお客様の居住地または勤務地である米国の郡、またはカリフォルニア州サンフランシスコまたは Dropbox が同意する場所で行われます。

仲裁の費用およびインセンティブ: AAA による規定がすべての仲裁費用を管理します。Dropbox は 75,000 米ドル以下の苦情において、すべての仲裁費用を負担します。Dropbox が苦情を解決するために申し出たものより有益な仲裁裁定をお客様が受けられた場合、Dropbox は追加額として 1,000 米ドルをお支払いいたします。お客様の苦情が根拠のないものと仲裁人が判断しない限り、Dropbox は代理人手数料や仲裁費用を求めることはいたしません。

仲裁合意における例外: カリフォルニア州サンフランシスコまたはお客様の居住地または勤務地である米国の郡内の管轄による少額裁判に該当する場合、お客様もしくは Dropbox が申し立てを主張することができます。本サービスの不正使用または乱用を阻止する場合、もしくは知的所有権の侵害(例: 商標、企業秘密、著作権、特許権など)を阻止するための差し止めによる救済にあたり、当事者の一方は、仲裁や非公式な和解を試みずに訴訟を起こすことができます。

共同訴訟なし: お客様の苦情は個人的なレベルで Dropbox と解決されるものとし、提訴人または集団訴訟の原告または代表訴訟人として苦情を申し立てることはできないものとします。集団での仲裁、集団訴訟、民間法務長官法またはその他の仲裁方法は認められていません。

紛争の司法会議: お客様またはお客様の苦情において仲裁合意が該当しない場合は、お客様と Dropbox はいかなる司法手続きにも同意するものとし(少額訴訟を除く)、苦情はカリフォルニア州サンフランシスコ市郡の連邦裁判所もしくは州立裁判所に持ち込まれるものとします。その場合、お客様および Dropbox はその裁判地と対人管轄権に同意するものとします。

規制法

本規約は法原則との不一致がある場合を除き、カリフォルニア州の法律に準拠するものとします。

完全合意

本規約は、本規約の主題に関するお客様と Dropbox 間の完全合意事項を記載しており、本規約は以前の合意事項および本規約の主題に該当する諸条件に優先し取って代わるものです。本規約が第三受益者の権利を意味することはありません。

放棄/契約規定分離条項/譲渡

Dropbox が規定を実施しない場合でも、将来的に規定を実施することを放棄した理由にはなりません。ある規定を実施することが不可能な場合においても、本規約のその他の規定は有効であり、できる限り本来の規定に近い施行可能な規定を実施するものとします。本規約でお客様の権利を譲渡したり、それを試みることは無効とみなされます。Dropbox は、権利を関連企業や小会社または本サービス関係者の株式譲受人に譲渡することができます。

変更

Dropbox では本規約を不定期に変更/改訂し、ウェブサイトに最新版を常時掲載しています。改訂版がお客様の権利を大幅に変更する場合はご連絡いたします(例: アカウントに関連付けられているメール アドレスにメールを送信する、ブログまたは本ページに掲載するなど)。改訂版が有効になった後も、本サービスへのアクセスまたは使用を継続することにより、改訂された規約を遵守することに同意するものとします。

Dropbox

Dropbox 利用規約

最終改訂日: 2012 年 3 月 26 日

Dropbox をご利用いただきありがとうございます。本利用規約(以下「本規約」とする)は、Dropbox(以下「当社」または「当社の」とする)のウェブサイト、サービス(以下「当社サービス」とする)へのアクセスや使用方法の管理について定めています。当社サービスをご利用になる前に、本規約をよくお読みください。

当社サービスをご利用いただくことにより、本規約に同意したものとみなします。当社サービスを組織を代表してご利用いただく場合、貴方は組織を代表して本規約に同意し、組織に本規約の遵守を義務付ける権限があるものとします。その場合、「ユーザー」および「ユーザーの」は組織を言及するものとします。

ユーザーが規約を遵守する場合のみに、当社サービスを使用できるものとします。また、ユーザーが Dropbox と契約を締結する権限を有し、適用法令で当該行為を禁じられていない場合のみに、当社サービスを使用できるものとします。当社サービスは改善や機能の追加など、継続的に変更する可能性があります。当社は、 当社サービスを予告なしにいつでも停止、一時停止、または変更することができます。また、当社は自由裁量により、当社サービスからいかなるコンテンツを削除することもできます。

アイテムとプライバシー

当社サービスをご利用いただくことにより、Dropbox に送信する情報、ファイルそしてフォルダを当社に提供するものとします(すべてをまとめて「アイテム」とする)。ユーザーは自分のアイテムの完全なる所有権を保有します。当社はそれらに対していかなる権利も要求しません。本規約は、下記で説明される当社サービスを運営する上で必要とされる限定された権利を除き、ユーザーのアイテムまたは知的財産への権利を当社に付与するものではありません。

当社にユーザーのコンテンツの操作を委託する場合には、ユーザーの許可が必要になります。たとえば、ユーザーの指示によるファイルのホストやファイルの共有が挙げられます。これには、画像サムネイルや文書のプレビューのような可視性のある製品機能が含まれます。また、当社サービスの技術管理のために選択される設計(安全に格納するためにデータを冗長的にバックアップするなど)も含まれます。当社サービスを提供するために必要な動作に関して、貴方は当社に許可を付与する必要があります。この許可は、当社サービスを提供するために取り組んでいる信頼されるサードパーティにも適用されます。たとえば、Amazon は(当社サービスを提供するために)当社にストレージ領域を提供しています。

当社のプライバシー ポリシーには、当社サービスが変更されてもユーザーからの指示を受けない限り、当社はいかなる目的のためにもユーザーのアイテムを他者(政府機関も含む)と共有しないと定められています(希少な例外を除く)。 個人情報の一般的な収集方法と使用方法についても、プライバシー ポリシーで説明されています。

ユーザーの行為、ファイルやフォルダのコンテンツ、当社サービス利用中の他者との通信は、ユーザーに全責任があります。たとえば、本規約を遵守する上で必要な権限や許可を確保することはユーザーの責任になります。

当社は、一般公開されているコンテンツが当社のコミュニティ ガイドラインを遵守しているか審査する可能性がありますが、当社サービスに掲載されている情報を監視する義務はありません。当社は、精度、完成度、適性、またはファイル、ユーザーの投稿、当サービスを利用してアクセス可能ないかなる情報の合法性においても一切の責任を負いません。

コンテンツの共有

当社サービスは、ユーザーのコンテンツを他のユーザーと共有したり、一般公開したりするための機能を提供しています。 ユーザーはコンテンツを多様に扱う(例: コンテンツのコピー、変更、再共有)こともできるため、共有または一般公開するコンテンツの選定には細心の注意を払ってください。当社は、当該行為に対して一切の責任を負いません。

責任

当社サービス内のファイルまたはコンテンツは、他者の知的財産権により保護されている場合があります。ファイルのコピー、アップロード、ダウンロードまたは共有の権限がない場合は、これらの操作を行わないでください。当社サービスの使用の際のコピー、共有、アップロード、ダウンロードまたはその他の使用に関する一切の責任は Dropbox ではなくユーザーが負うものとします。ユーザーはスパイウェアまたはいかなるマルウェアも当サービスにアップロードすることは禁止されています。

ユーザーの全アイテムを維持し保護する責任は Dropbox ではなく、ユーザーにあります。Dropbox はユーザーのアイテムのいかなる損失または破損、またはアイテムのバックアップや修復に要するいかなる費用の責任も負わないものとします。

連絡先情報またはアカウントに関連する情報を変更した場合は、当社に直ちにその旨を知らせ、情報を最新の状態にする必要があります。当社サービスは、13 歳未満のお子様による使用を対象としていません。本規約に同意することにより、ユーザーは 13 歳以上であるものとみなされます。

アカウントのセキュリティ

当社サービスへのアクセスに使用するパスワードの保護についてはユーザーに責任があり、いかなるサードパーティにもパスワードを開示しないことに同意するものとします。アカウントの利用に関連するいかなる行動や行為についても、その権限の有無に関わらず、ユーザーの責任とします。ユーザーのアカウントで発生した未承認の使用は、当社に直ちにご報告ください。当社へのデータまたはファイルの送信を保護する場合、当社サービスとの通信に暗号化されたセキュアな接続を使用することはユーザーの責任とします。

ソフトウェアとアップデート

一部の当社サービスのご利用には、クライアント ソフトウェア パッケージ(以下「本ソフトウェア」とする)をダウンロードする必要があります。当社は、当社サービスへのアクセスを目的として本ソフトウェアを使用するための、限定的、非独占的、譲渡禁止、無効化可能なライセンスをここに付与します。ユーザーが当社の知的財産権に関連する本規約に違反した場合、本ソフトウェアの使用許諾ライセンスは自動的に無効になります。本規約において明示的に付与されている場合を除き、当社は全権限をここに有します。 本ソフトウェアの逆行分析またはデコンパイルをすることは禁じられています。また、当該行為を試みること、当該行為に対して誰かを援助することも禁じられています。当社サービスは最新版が利用可能になると、ユーザーのデバイス上の本ソフトウェアを自動的に更新することができます。当社の同期の一時停止機能はファイルの同期を一時停止しますが、すべてのデータ転送が中止されない場合があります。データ転送を停止する場合は、デスクトップ クライアントを終了する必要があります。

当社の所有物とフィードバック

本規約はユーザーに、当社サービス、本ソフトウェア、または当社サービスのコンテンツに対していかなる権限、権利、利益も付与しません。当社はユーザーが提出するフィードバックを受け付けていますが、当社に提出または当社フォーラムに投稿したいかなるフィードバック、コメント、または提案もユーザーへの許可なく使用する権利を有します。本ソフトウェアと、当社サービスを提供するために当社が使用するその他の技術は、著作権、特許、米国/諸外国のその他の法令で保護されています。本規約は貴方に、当社の特許、ロゴ、ドメイン名、またはその他のブランド機能の使用に対していかなる権限も付与しません。

適正利用規約

ユーザーは、当社サービスを悪用したり悪用を試みたりすることなく、当社の適正利用規約に遵守する様式に則り、当社サービスを利用するものとします。

Copyright

当社は他者の知的財産権を尊重しており、ユーザーにも同様の行動を取ることを要求します。著作権侵害の申し立て通知が法令に遵守し、当社に適切に提出された場合、当社は当該通知に応答します。当該通知は、当社のDMCA プロセスを使用して報告する必要があります。当社は、著作権を侵害しているコンテンツを削除または無効化し、反復的な著作権侵害者の利用を停止する権限を有します。 次は、当社サービスに関する著作権侵害の申し立て通知を担当する、当社の指定代理人の連絡先です。

著作権エージェント
Dropbox, Inc.
185 Berry St. Ste. 400
San Francisco, CA 94107
copyright@dropbox.com

その他のコンテンツ

当社サービスには、サードパーティのウェブサイトまたはリソースへのリンクが含まれている場合があります。当社は、これらの可用性、精度、関連コンテンツ、製品またはサービスに対しての保証は行わず、一切の責任や法的責任を負いません。当該のウェブサイトまたはリソースの利用は、貴方に全責任があります。また、当社がオープン ソース ライセンスの下にソフトウェアを提供する場合、これらのライセンスには本規約と明示的に矛盾する規定が設定されている場合があります。そのような場合は、オープン ソースの規定が適用されます。

終了

当社サービスのご利用はいつでも終了することができます。当社は、理由と通知の有無を問わず、当社サービスのご利用をいつでも一時停止または終了する権限を有しています。たとえば、ユーザーが本規約を遵守しない場合、あるいはユーザーの当社サービスの使用方法が当社に法的責任を生じさせる場合、または他者のご利用を中断させるような場合、当社はユーザーのご利用を一時停止または終了することがあります。当社が当該行為を行う場合、事前通知やデータ収集のサポートを試みますが、状況(例: 本規約、裁判所の命令を反復的またはあからさまに違反している、または他のユーザーが危険にさらされる場合)によってはご利用を即座に一時停止する場合があります。

Dropbox の現状有姿による提供

当社では最善のサービスを提供したいと考えておりますが、当社サービスの特定事項について保証できないものがあります。たとえば、当社サービスと本ソフトウェアは現状有姿で提供され、自己責任で利用し、明示的または黙示的を問わず何らの保証や条件もなく提供されます。また、当社では、商品性、特定目的への適合性、権利非侵害についての保証もしません(これらの免責事項は重要性が高いため、念のため強調しています)。お使いのコンピュータ システムへの損害、データの損失または破損、当社サービスまたは本ソフトウェアへのアクセスや使用に起因するその他の損害について、当社は一切の責任を負いません。一部の州では、本条項にある免責事項を認めていないため、本条項が適用されない場合もあります。

責任の制限

法律の定める最大限の範疇において、当社、当社の提携企業、役員、社員、代理人、業者またはライセンス許諾者はいかなる場合でも (A) 間接的損害、特別損害、偶発的損害、懲罰的損害、または派生的損害(使用機会、データ、ビジネス機会、利益の損害を含む)について、 責任理論にかかわらず、当社が当該損害の可能性を示唆されていた場合、救済が本質的目的を達成できない場合においても一切の責任を負わず、(B) 当社サービスに関連する 20 米ドル以上の請求、貴方が当社に支払った過去 3 か月間分の当該サービス料金の賠償責任総額について一切の責任を負いません。一部の州では、本条項にある制限を認めていないため、本条項が適用されない場合もあります。

変更

当社は、本規約を随時変更する場合があります。当社ウェブサイトには、最新版が常時掲載されています。当社の自由裁量により、変更が本質的だと思われる場合は貴方にその旨を通知します(例: アカウントに関連付けられているメール アドレスに)。その他の変更が当社のブログまたは利用規約のページに掲載されている場合がありますので、定期的にご確認ください。変更が有効になってからも当社サービスを継続的に使用することにより、改訂版の利用規約に同意するものとみなします。新しい規約に同意しない場合は、当社サービスの利用を停止してください。

その他の法的規約

本規約、当社サービス、本ソフトウェアの使用には、抵触法に関する原則を除き、カリフォルニア州法が適用されます。本規約、当社サービスまたは本ソフトウェアに起因して発生するすべての請求は、カリフォルニア州サンフランシスコ郡の連邦裁判所または州裁判所に排他的に持ち込まれ、両者は当該裁判所の裁判地と対人管轄権に同意するものとします。本規約は、当社サービスに関する貴方と当社間の完全かつ排他的な契約であり、当社サービスに係わるその他の合意、規約に優先します。本規約により、第三受益権が付与されることはありません。当社が規定を施行しないことは、将来的に当該規定を施行する権利を放棄したことにはなりません。ある規定が施行不可の場合、本契約の残りの規定は引き続き効力を有し、当社の意図にできる限り近い施行可能な条件に代替されます。貴方は本規約のいかなる権限も譲渡せず、当該行為のいかなる試みは無効にされますが、当社は権限を当社の提携企業、子会社、当社サービスの関連業務に興味のある後任に譲渡することができます。当社と貴方は法的な提携者や代理人ではなく、独立契約者の関係にあります。

利用規約 - Dropbox

Dropbox プライバシー ポリシー

最終更新日: 2014 年 2 月 20 日

発効日: 2014 年 3 月 24 日

平素は Dropbox をご利用いただき、誠にありがとうございます。本通知では、Dropbox ウェブサイト、ソフトウェア、サービス(以下「本サービス」)をご利用いただく際に Dropbox がユーザーの皆様の情報を収集する方法、またその用途や取り扱い方法についてご説明します。

Dropbox が収集する情報とその理由について

Dropbox では、本サービスの提供、改善、保護を行うために、次の情報を収集/使用しています。

アカウント: Dropbox では、お客様の名前やメール アドレス、電話番号、お支払い情報、住所などアカウントに関連する情報を収集しています。また、Dropbox のサービスには、お客様が他のサービス プロバイダを使用してご自分のアカウントやアカウントに関する情報にアクセスできるように許可するものもあります。

サービス: 本サービスをご利用いただく場合、Dropbox ではお客様のファイル(写真、構造化データ、メールなども含む)や関連情報(例: 写真の位置情報タグなど)を保存し、その情報を処理/送信します。お客様が連絡先リストへのアクセスを Dropbox に許可した場合、お客様が使用できるように、連絡先データは Dropbox のサーバーに保存されます。これにより、ファイルの共有、メールの送信、および本サービスを他のユーザーに紹介しやすくなります。

利用状況: Dropbox は、お客様が本サービスへのアクセスに使用するデバイスとそのデバイスからの情報を収集します。これには、IP アドレス、ブラウザやデバイスの種類、当社サイトにアクセスする前に訪れたウェブページ、お使いのデバイスに関連する個人識別情報なども含まれます。また、お使いのデバイスが(設定により異なります)本サービスに位置情報を送信する場合もあります。

Cookie およびその他の技術: Dropbox では、Cookie やピクセル タグのような技術を使用して、本サービスの提供、改善、保護を行っています。たとえば、Cookie を使用することで、次回アクセスした際にユーザー名を記憶させたり、本サービスのご利用状況を理解したりすることが可能になります。Dropbox では、こうした情報を基にサービスの改善に努めています。ブラウザ設定で Cookie を拒否することもできますが、本サービスのご利用が制限される場合があります。Dropbox システムがお客様のブラウザから DNT:1 シグナルを受信した場合は、こちらで説明されているように応答します。

Dropbox が情報を共有する対象者

Dropbox は、以下で説明されているように情報を共有することができますが、サードパーティの企業や広告主に売却することはありません。

Dropbox と提携するサードパーティ: Dropbox は、本サービスの提供、改善、保護、促進のために信頼できるサードパーティと提携しています。これらのサードパーティは、このプライバシー ポリシーを遵守し、Dropbox の代理として操作を行う目的のみでお客様の情報にアクセスします。

他のユーザー: 本サービスは、ユーザー プロフィールや共有通知などで、お客様の名前やメール アドレスのような情報を他のユーザーに公開します。それ以外の情報を他のユーザーに公開できる機能もあります。

他のアプリケーション: Dropbox API などを経由して、お客様の情報およびアカウントへのアクセス権限をサードパーティに与えることもできます。サードパーティがお客様の情報を使用する方法は、プライバシー ポリシーおよび利用規約により管理されることにご留意ください。

ビジネス向け Dropbox の管理者: ビジネス向け Dropbox をご利用いただいている場合、管理者はお客様のビジネス向け Dropbox アカウンにアクセスし、管理することができます。ご質問がある場合は、雇用主の社内規定をご覧ください。ビジネス向け Dropbox を利用していないが、ビジネス向け Dropbox を利用しているユーザーとコミュニケーションを取っている場合(例: 共有フォルダに参加する、そのユーザーが共有したアイテムにアクセスするなど)は、その組織のメンバーはお客様のアカウントに関連付けている名前、メール アドレス、IP アドレスを閲覧することができます。

法と秩序: Dropbox は、(a) 法を遵守する、(b) 死亡または深刻な身体損傷から人物を保護する、(c) Dropbox またはユーザーに対する詐欺または乱用を防止する、または (d) Dropbox の所有権を保護するために情報開示が合理的に必要な状況だと判断した場合は、お客様の情報をサードパーティに公開することができます。

Dropbox では、お客様の情報管理に最善を尽くしています。お客様のデータが Dropbox サービスに保存されている場合でも、お客様のコンピュータのハード ドライブに保存されている場合でも、お客様のデータは同様の法的保護を受けるべきであると、Dropbox では捉えています。政府がお客様のデータを要請した場合、Dropbox はその調査/応答において次の政府機関による要請規制を遵守します。

  • 透明性を提供する
  • 一括要請に応じない
  • すべてのユーザーを保護する
  • 信頼できるサービスを提供する
詳細については、政府機関による要請規制および透明性に関する報告をご覧ください。

ユーザーの情報管理方法

セキュリティ: Dropbox ではお客様の情報を安全に保護し、セキュリティ脆弱性をテストする専任のスタッフをご用意しています。また、Dropbox では 2 段階認証やファイルの暗号化、アカウントにリンクされた新しいデバイスやアプリに関する通知などの他にも、お客様の情報を安全に維持するための機能開発に努めています。

情報の保持: Dropbox では、お客様に本サービスをご提供するために必要な限り、お客様の情報を本サービスで保持します。お客様がアカウントを削除された場合は、Dropbox 側でもその情報を削除します。ただし、その場合は次の点にご留意ください。(1) お客様の情報を Dropbox サーバーおよびバックアップ用ストレージから削除するにあたり、多少の時間を要する場合があります。(2) 法律上の義務、紛争の解決または Dropbox の同意書を施行するにあたり、Dropbox がお客様の情報を維持する場合があります。

情報の管理場所

世界中のどこからでも利用可能: 本サービスをご提供するにあたり、Dropbox はお客様が Dropbox を利用されている国外を含む世界各地で、ユーザー情報を保存、処理、送信することができます。お客様の情報は、お客様が本サービスにアクセスする際に使用されるデバイスでローカルに保存することもできます。

セーフ ハーバー: Dropbox は、欧州連合(EU)と米国間、およびスイスと米国間のセーフ ハーバー(以下「セーフ ハーバー」)フレームワークおよびその原則を遵守しています。Dropbox のコンプライアンスは認定済みです。認定書はこちらからご覧いただけます。セーフ ハーバーの詳細については、次のリンクにアクセスしてください。http://export.gov/safeharborTRUSTe は、Dropbox のセーフ ハーバー コンプライアンスに対する苦情を調査し解決する独立機関です。苦情を提出する場合は、まず Dropbox に直接お知らせください(連絡先: privacy@dropbox.com)。Dropbox の対応にご満足されなかった場合は、TRUSTe へご連絡ください。https://feedback-form.truste.com/watchdog/request

変更

Dropbox が企業再編、合併、買収、資産売却などに関与した場合は、その一部としてお客様の情報を移行する権限があります。その場合は、概要およびお客様の選択肢について通知を送信します(例: アカウントに関連付けられているメール アドレスにメールを送信するなど)。

Dropbox ではプライバシー ポリシーを不定期に変更/改訂し、ウェブサイトに最新版を掲載しています。お客様の権利が大幅に変更される場合はご連絡いたします。

お問い合わせ

Dropbox、本サービス、プライバシーについてご質問または懸念されることがあれば、privacy@dropbox.com までお問い合わせください。

Dropbox